様々な仕組みがある

アルファベット

横浜の英会話教室といっても、実にさまざまな種類があるといってもよいです。昔はおおむね決まった形で授業しかしていませんでしたが、最近は英会話教室ごとにそれぞれ特徴を持っているため全く仕組みが違うことも考えられます。例えば、授業スタイルがこれに該当します。安いところなどは、休んだ時に振り替えをすることができないところもありますが、ある程度お金をしっかり払っている場合には無料で振り替えをすることができるようになっています。振り替えをする場合でも、お金を支払わなければいけない場合もあります。無料の場合にも、毎月1回だけのならば無料で振り替えをしてくれますが、2回目以降はお金を支払わなければいけないパターンもあるでしょう。

留学制度などが付いてくる

男女

英会話を学ぶために必要なことは、とにかく英語のできる環境に身を置くことです。逆にいえば、日本語が全く聞こえない環境に身を置けば、自然に英会話ができるようになると言えます。そこで、いくつかの横浜にある英会話教室では留学制度を設けているのが特徴になります。留学制度も様々な種類がありますが、短期留学が基本です。その英会話教室とアメリカやイギリスにある教室が提携していて、自然にホームステイができるようになっています。このような仕組みを利用すれば、日本で英会話教室に通うよりもはるかに英語を身につけることが可能です。

どれぐらいの費用がかかるのか

授業

これから横浜の英会話教室に通う場合でも、一体どれぐらいの費用がかかるか気になるはずです。費用は、初期費用をまず支払うことが必要になりますが、一番最初の月謝だけでなく入会金そして教材費の支払いが必要です。このうち一番大きな負担になるのは入会金になるはずです。入会金は教室によっても異なるもののおおむね\20000前後になることが多くなります。ただ、場所によっては入会金が免除のところもあるためいろいろと比較してみることが大事になります。

途中でかかる費用

授業

横浜の英会話教室に通えば、初期費用以外にも様々なお金がかかってくる可能性があります。そのうちの一つは、毎月の月謝です。これに関しては、たいていの人は頭の中に入っているはずですので月謝を支払うことに対して驚く人はまずいないでしょう。この月謝がどれぐらいになるかによって毎月の負担が大きくことなる可能性があります。東南アジア系の先生ばかりを用意しているところは、比較的安く授業を受けることが可能になります。どちらも英語には変わりありません。ですが、一般的には欧米人の先生の方が人気があるため東南アジア系の先生ばかりのところは安い料金で英語を学ぶことができますので比較をすると良いでしょう。

広告募集中